毎日しあわせの書Tシャツ

FBS福岡放送の心感覚サービスに出演してくれた桜ちゃん

2014年6月のことです。

 

桜ちゃんとお母さんが来店。

 

FBS福岡放送の心感覚サービスによか風が特集されたときも桜ちゃんは出演してくれました。

「毎日しあわせ」書Tシャツを着た桜ちゃん

桜ちゃんが住んでいるのは佐賀県です。遠いところありがとうございます。桜ちゃんと出会ったのは唐津くんちの書ライブのとき。お祭りに来ていたときに、メインのお祭りや屋台はそこそこに、書ライブ会場で、書をじっくり見ていました。

 

大人でも素通りする人は多いのです。桜ちゃんは1回見て、やっぱりまた見たいのでしばらく街を散歩してからまた来てくれました。そのとき依頼してくれた書Tシャツが「毎日しあわせ」Tシャツです。言葉は桜ちゃんが考えました。

 

書ライブ会場では桜ちゃんは何もしゃべりません。先日よか風へ来たときも何もしゃべりません。お母さんは家ではどんどんしゃべるのに今日は不思議ねと言っていました。

 

わたしと桜ちゃんは言葉を話さなくても書を通して分かり合えている気がします。しゃべらないからこそわかる究極の会話です。書を見る目は真っ直ぐで、とても気に入ってくれていて、たまに見せる笑顔がキュートです。お母さんも、桜はアンテナが敏感ですばらしいんですと言っていました。そのアンテナに書のピントがあったんだと思い、とてもうれしくなりました。

 

桜ちゃん

 

写真は仲のいい人にプレゼントする陶器を選んでいる様子です。書に対するまなざしを見て、また桜ちゃんに会えるようにがんばろうと思いました。口には出しませんでしたが究極の会話で桜ちゃんに伝わったと思います。



よか風写真ギャラリー


関連ページ

2015年の羊年の春節に過去と現在と未来の書Tシャツ物語
横浜中華街で出会って、そのときに結婚祝いの書Tシャツを依頼していただき、その後、子供の出産祝い、三歳のお祝い、そして二人目の子供の出産祝いの書Tシャツを依頼いただきました。春節の思い出とともに物語をご紹介します。
いとこの沖縄の子供にプレゼントする書Tシャツ
オリジナルの書Tシャツ。名前の依頼が多く、出産祝いや誕生祝いのギフトとしてよろこばれています。文字は何でも依頼に応えるので世界でひとつの書Tシャツが仕上がります。今回はいとこの男の子にプレゼントする内容でした。
シンガポールと鹿児島県徳之島を結んだ書Tシャツ物語
シンガポールで出会った人に書Tシャツの依頼がありました。その書Tシャツは鹿児島県の徳之島に行きました。縁は不思議なもので、世界を駆けめぐります。その縁の風に乗り書Tシャツも世界を駆けめぐりました。依頼をした人は今はオーストラリアにいます。
2014年馬年生まれの書Tシャツ物語
午年生まれの命名出産祝いの書Tシャツでした。馬が好きな親から生まれた赤ちゃんです。名前も馬がついて、馬の絵も依頼がありました。書Tシャツが届いてから写真をメールでもらいました。すくすく育ちますように。
アビスパ福岡がきっかけで北九州から依頼の来る出産祝いの書Tシャツ
アビスパの応援紙マフラーがきっかけで書Tシャツをいつも注文してくれます。ありがとうございます。命名や出産祝いに友達にプレゼントするそうです。
カッコ可愛いおしゃれ福岡女子のオリジナル書Tシャツ物語
おしゃれな福岡女子も書Tシャツが人気です。墨のデザインの書Tシャツを着て天神を歩いています。
福岡発信1枚から制作するオリジナル筆文字Tシャツ
小学生の書Tシャツファンの桜ちゃんからお手紙をいただきました。書Tシャツを気に入ってくれておばあちゃんにもプレゼントしてくれました。そのおばあちゃんと一緒に写った写真を送ってくれました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP プロフィール 注文サイト メルマガ メール