和風イラスト年賀状のような旧字体漢字の羊

旧字体漢字の羊は正面から見て角と上半身を模した形

旧字体漢字の羊

旧字体漢字:羊
象形:前から見た羊の形。

 

2015年の干支は羊なので取り上げてみました。干支のときは未とも書きます。

 

旧字体漢字は和風年賀状のようなイラストです。白川静の辞書を紐解くと意味は深いんです。

 

は象形文字で、羊を正面から見て角と上半身を模した形です。

 

ちなみには、羊の全体を模しています。

 

羊の付いた漢字をチェックしてみると

 

義・儀・犠・詳・羨・鮮・善・
繕・膳・達・着・蟻・議・業・
群・差・祥・美・洋・窯・養など

 

まだまだたくさんありますが普段よく見るものを選んでみました。この漢字に共通することはなんでしょうか。


白川静のキーワードから羊を考える

どれも羊が関係しています。

 

大きい羊はしいの代名詞です。

 

そして羊に欠陥がないことをと言っていました。仁義の義は仁に欠陥がないことですね。

 

想像を膨らませるとそれぞれいい意味です。

 

は魚と羊です。もともと羊はお供え物として提供されていました。その羊に変わる魚のこと。新鮮な魚のことです。

 

旧字体漢字の羊

 

漢字の成り立ちを考えるときはどうしてもお供えとか神様とかキーワードが出てきます。

 

白川静の辞書を見ていると神にお供えするという場面がたくさん出てきます。

 

特定の神ではなく、自然の神、大きな範囲での神です。

 

は祝詞を入れる器として白川静のキーワードになっていますがもそこから派生する多くの漢字のことを考えればキーワードのような気がします。

2015年の干支の羊の意味と展望

2015年はどんな年になるんでしょうか。何かを誰かに捧げるために美しくなったり発達したり作業したりするのかもしれません。

 

「美」「達」「業」どの漢字も羊が付いています。

 

誰かというのは家族であったり好きな人なのかもしれませんね。

 

何かは人それぞれです。それぞれの役割や得意分野があるはずです。

 

旧字体漢字から読み解く羊。2015年を少し読み解いてみました。

トップへ戻る