旧字体漢字の雪は象形文字

旧字体漢字の雪

旧字体漢字:雪
象形:雪が降っているさま。

 

辞書によると雨が降り
寒さで雪になり
雪の破片が舞い落ちている象形文字とのこと。

 

雪の破片は羽のような形もあれば小枝に付着しているものもある。

 

これが時代とともに漢字に表現されてきました。

 

今の漢字は雪の破片が省略されていますね。


雪の意味はなに?暗号を読み解く

雪

 

降雪(こうせつ)・積雪(せきせつ)・除雪(じょせつ)・
初雪(はつゆき)・吹雪(ふぶき)など

 

雪に関する熟語が多くありますが

 

雪辱(せつじょく)という天気の雪と関係と関係無さそうな熟語もあります。

 

雪辱は雪の意味に含まれる

 

「雪(そそ)ぐ」
「すすぐ」
「ぬぐう」
「洗い清める」

 

という意味があります。

 

雪が振ると真っ白になりますよね。

 

そこから恥をそそぐ、恥をすすぐ、恥を洗い清めるとなり前回負けた相手に勝ち、恥をそそぎ、洗い清めることを雪辱(せつじょく)というようになりました。

 

雪怨(せつえん)は怨みを晴らすという意味です。

リンユーチュンが中島美嘉の雪の華をカバー

雪で思い出すのがこの曲「雪の華」。

 

 

たくさんの人がカバーしています。

 

最近注目のアーティストは台湾出身の林育羣(リン・ユーチュン)。

 

大きな体から優しい歌声を発します。

 

他の曲も注目です。

 

もしかしてブレイク寸前なのかもしれませんね。

 

台湾は沖縄より南にあって雪も降らないのに雪の華が身に染みるのは不思議な気もしますが

 

漢字の話をしているので繁体字を使っている台湾はすんなりこの話も伝わりそうです。

 

漢字は想像が膨らむので好きです。

 

特に旧字体漢字は現代にはない暗号(意味)が隠されてそうでワクワクします。

トップへ戻る