熊本の整骨院開業前から来店!看板ロゴと出産祝い

ちわた整骨院

熊本県葦北郡芦北町からのお客さま。

 

開業前は福岡市の整骨院で働らかれていました。

 

数年前たまたまその整骨院に行ったときのことうつ伏せになって治療を受けていると「書」を書かれている方ですよね「subクリップを見ました」と話し掛けられました。

 

ちょうどその頃福岡市営地下鉄の無料情報誌subクリップによか風が掲載されていました。

 

といっても1週間だし整骨院に行くときは書Tシャツは着てないしよくわかったなぁと思いました。

 

それもそのはずsubクリップを見てよか風に興味を持ち本気で注文しようと思っていたとのことでした。

 

今でも覚えています。最初は書Tシャツでした。

 

気合を入れるときはこれを着るんですと言っていました。

 

それから結婚するときはウエルカムボードを依頼され

 

一人目の子供が生まれたときも出産祝いを依頼され

 

整骨院を開業されるときも看板にするロゴを依頼されデザインされました。

 

そして先日二人目の子供が生まれた次の日に熊本から来てくれました。

 

前回の一人目と同じ形式で出産祝いをお願いしますとのことでした。

 

私との出会いはかれこれ7~8年前の福岡市のとある整骨院。福岡市営地下鉄のフリーペーパーを見てそれから節目節目に書を依頼いただいています。

 

とても光栄に思います。

 

今回は二人目のお子さんが生まれた次の日だったので一人での来店でした。

 

次回はまたゆっくりご家族で来てくださいね。

 

熊本の方はちわた整骨院の看板もチェックしてみてください。看板の奥に見える湯浦温泉が目印です。

 

治療もオススメします。性格は優しく治療にこだわる先生が肩こりも腰痛も診療してくれます。

 

整骨院には先生が選び抜かれたJAZZもBGMで流れています♪


ちわた整骨院とよか風のエピソード

ちわた整骨院

2014年6月のこと

 

四葉のクローバーをつけた「よか風便り」を送った次の日に郵便屋さんが熊本へ届けてくれたようです。お昼前後に届いた手紙を読んで熊本からやってきてくれました。熊本と言っても福岡から遠い熊本南部から。うれしさと感動で最初は言葉になりませんでした。

 

よか風の「書」をこよなく愛してくれているこの方との出会いは、10年くらい前に福岡市内の整骨院に行ったときから始まります。その頃は月に1回のペースで整骨院に行っていました。毎回違う人が指圧をするのですが、その日はたまたまこの方でした。

 

スッキリして帰ろうとすると、地下鉄のsubクリップ(福岡市営地下鉄の無料情報誌)に載っていた人ですよねと言われて、びっくりしました。ちょうどその頃1週間ほど掲載されていたのですが、指圧中はうつ伏せだし、掲載されてもすべての人の顔を覚えている訳ではありません。わたしが整骨院にこの日行く前からよか風に興味を持っていたそうです。

 

その後、整骨院の仕事が休みの日に来店されて、書Tシャツを頼んでくれました。その書Tシャツは今でも気合を入れる日には着ているそうです。それからこの10年の間に節目ごとに書を依頼してくれます。

 

結婚式のウエルカムボード
整骨院開業のときの看板ロゴ
一人目のときの命名出産祝い
二人目のときの命名出産祝い
整骨院に飾るものなどなど。

 

今思えば、この人が決断するときには、よか風の「書」が側にあったはずです。身が引き締まる思いです。現在は整骨院も順調で地域の方から愛される存在になったそうです。この人の仕事に対する気持ちと技術と人柄を考えれば納得の出来事です。この人に「書」を愛されて、わたしも光栄です。時間ができたら熊本の南まで行きたいと思います。

 

ちわた整骨院
熊本県葦北郡芦北町湯浦


トップへ戻る